鳥取片付け110番にご依頼頂いたお客様限定で特別なプレゼントをご用意しています。ぜひ最後までお読みください。
17時までです。
お急ぎください!
>>キャンペーンを詳しく見てみる!<<

さっそく粗大ごみを処分してしまいましょう。

比較的費用が安いと言われている市町村への粗大ごみの持ち込み。

はたして料金はどれぐらいになるのでしょう?

ただしここで注意しないといけないのは各市町村で持ち込みの方法等異なるということです。

料金もさながら、分別方法も違いますので引っ越す方は今後の生活の為に、ぜひ新居がある自治体のごみ分別を確認しましょう。

まず鳥取市をみていきましょう。

こちらは粗大ごみの処理方法を2つに分けています。

1つ目は戸別収集です。電話連絡が必要で、住所・氏名・電話番号・ごみの種類・個数を伝えます。

なんらかの理由で持ち込みできない方にはありがたい方法です。

収集日に在宅の場合は現金で支払い、不在の場合は「粗大ごみ処理券(シール)」を購入し、粗大ごみの見えやすいところに貼ります。

複数の場合は個々に粗大ごみ処理券を貼ることになります。

品目によって細かく金額が決められています。(一部抜粋)

・網戸・衣装箱・いす・・・500円
・テント・アコーディオンカーテン・ドレッサー・・・1,000円
・ソファ(1人用)・ミシン(足踏み)・・・1,500円
・ソファ(1人用)・・・2,000円

2つ目は持ち込みです。これはリサイクル家電・事業活動・規制されているもの以外であればごみの持ち込みが可能という方法です。

例えば収集日以外でごみがたくさん出た、夏の時期ごみを保管しておくところがなくて匂う等、急な対応に迫られた時にも助かります。

ただし基本的には平日(一部の施設で休日に受け入れ可能のようです)に限りますので注意が必要です。

一方地方都市のB市は戸別収集は行っていません。

曜日ごとの回収に加えて、家具・浴槽等大型のものは持ち込みをすれば受け入れてくれるようです。

以下の点が大きく違うところでしょうか?

・可燃性粗大ごみ・・・木製家具・布団・イス・畳等(可燃性と不燃性に分解必要)→収集日も有り
・不燃性粗大ごみ・・電化製品(4品目除く)・金属製家具・自転車等→収集日も有り
(どちらも幅80センチメートル、長さ2メートル以内)

電気釜、トースター、ドライヤー、アイロン、ポータブルラジオなど・・小型家電の日に回収→収集日有り

廃食用油(使用済みてんぷら油)→収集日有り

一概にどちらの方法が良いか判断はできませんが、こんなに市町村で粗大ごみの処理方法が違うのですね。

この際ごみを出す側も分別・リサイクル等しっかりした意識を持つ必要がありますね。